pHの違いで生まれる大きな差

業務用の洗浄水として使われるアルカリイオン水は、生成方法によってその性質や性能に大きな差が出ます。そして、もっとも大きな差と言えるのが「pH(ペーハー)」の高さです。pH値の違いによって洗浄力は大きく異なり、除菌ができるかどうかも決まります。

pHによる性質・性能の違い

  • pH10以上のアルカリイオン水は強アルカリイオン水といい洗浄に使用される
  • pH11前後までは微生物が成育できる環境にあるため、衛生上の問題がある
  • pH12を超える強アルカリイオン水は、それ以下と比べてさらに強力な効果を発揮する
  • pH12を超える強アルカリイオン水は、除菌にも使用できる

PICK UP Eプランのスーパーアルカリイオン水はpH12.5!より強力な洗浄・除菌が可能です

Eプランの強アルカリイオン水生成器で生成されるのは、pH12.5の“スーパーアルカリイオン水”。たとえば値としては十分に高いpH11.5の強アルカリイオン水と比べても、洗浄力の指標となるアルカリ度が10倍も高いため、強力な洗浄・除菌が可能。また、10倍に希釈したとしてもpH11.5の強アルカリイオン水と同等の洗浄力を発揮するため、作業性やコスト面でも大きなアドバンテージとなるのです。

pHが高いとなぜ洗浄力が高いのか?

pHが高いということは、その分アルカリ性が強いということ。汚れは基本的に酸性であるため、アルカリ性が強いほど、汚れに強くなります。pH12.5のスーパーアルカリイオン水であれば、水垢や換気扇の頑固な油汚れ、タバコのヤニなども強力パワーで分解洗浄。水洗いだけでは落とせない農薬や放射性物質も除去できます。

強アルカリイオン水生成器の導入メリットと洗浄力はこちら